UA-125854675-1

ぎっくり腰

ぎっくり腰は急になる?
いいえ。ギックリ腰はあちこちの筋肉が張り始めて最後に起きます。

よくわたくしが例えに出すのは、地震に似ていると説明してます。
大陸のプレートである筋肉にジワジワと負荷がかかり、グラグラと地震が起きたのがぎっくり腰だと。
なので常にぎっくり腰になるリスクはあるのだと。
地震と違うのは、筋肉の緊張が続けばまたすぐギックリとなることです。

対策として負荷のかかった筋肉を、ぎっくり腰になる前に緩めることです。
簡単でしょ?

何度かギックリと経験すると、またなりそうだと感じることができます。
その時に施術を受けましょう。

これさえ守れば無理に痛い思いをしなくてすみます。
また定期的に鍼灸按摩マッサージを受けていれば、まず大丈夫でしょう。
もちろん、適切な施術でないと意味がありませんが。

なってからより、なる前が大事!

もしなった場合も按摩仙人にお任せ下さい。
痛みがひどいと血流の改善をするだけでは、痛みが増すこともあります。
症状により鍼と按摩の使い分けが必要です。
これはとても重要なポイントなので、信頼できる鍼灸按摩マッサージ師を頼るべきでしょうね。





powered by crayon(クレヨン)