UA-125854675-1

施術をはじめて受ける方へ

はじめての施術は不安もありますね。
按摩仙人では、その不安を取り除く事から始めます。

とりあえず

肩が凝った、腰が痛い、疲労回復の目的、リラックスして癒やされたい、さまざまなきっかけで按摩や鍼灸を受けます。

鍼灸按摩は医療であり、癒やしでもあります。
対応できる内容は幅広く、首肩や腰の痛みや関節運動の可働域改善などの運動器はもちろん、東洋医学を用いた内臓や神経などにアプローチしたりもできます。
対応できる疾病は施術者の経験値や習熟度により大きなバラつきがあります。

迷ってみたら、まず電話で聞いてみる!
これが一番です。

按摩鍼灸で簡単に良くなるものかもしれないし、不向きなものかもしれません。
そこで専門医の受診を勧めたり、適切なアドバイスができるかもしれません。

他の施術所では無理でも按摩仙人ならできることかもしれません。

うまく身体の状況を説明できないかもしれない。
不安なことがたくさんある。

長年按摩鍼灸の臨床に携わってきたわたくしが親身に対応いたします。

按摩仙人に電話してみましょう!

なに?!
まだ不安。

お金、費用は?
按摩仙人は保険はききません。
すべて自費施術です。

高すぎ君!絶対ムリ!
そのような方は仕方ありません。

500円で電気当てたり揉んでくれるところより高いけど、何かが違うんだろうね?
そう思ったら一度自費のみでやっている施術をお試しください。

じゃあ、電話して予約して、それから?

按摩を受ける際は軽装で、鍼灸なら肌に直接やります。
昨今は業界の従業者数や無免許マッサージが増えたせいもあり、セクハラ事件なども毎日のように報道されています。

わたくしは男性なので、女性の場合は特に気をつけて施術しています。
女性だけでなく、子供さん、施術中トイレが近い、触るとくすぐったい、ワタシハ外国人デース、などなど、その人その人の事情に応じて親身に対応していきます。

保険はきかないの?

はい。健康保険は利用できません。
本来鍼灸マッサージの施術者ができる訪問鍼灸マッサージもやりません。
医師の同意書を持って来られてもやりません。

また接骨院・整骨院のような500円マッサージですが、ケガをしていないのに保険を使うのは不適切な保険利用です。みなさんが納めた大切な医療費です、正当な施術か?水増しなどの不正は無いか?
とても不明朗な保険利用の多い業界です。明細を確認しきちんと把握し、鍼灸マッサージの施術所と使い分けましょう。

交通事故の場合は施術します。
大手損害保険会社もおかしなところが多いので、償還払いとします。
会計は普通に済ませ、領収書を渡しますのでそれを自身で保険会社に請求して下さい。
自賠責の範囲内なら払わない会社は少ないでしょう。

免許のある施術所の領収書は確定申告の医療費控除の対象となります。
領収書をもらって保管しておいて下さい。
最近はこの領収書添付を税務署が嫌がるそうです。少額な上に煩雑だからだとか。
添付せずに保管しておけば良いと思います。
また按摩仙人ではカルテ施術記録や領収書など一切、当たり前に記録しています。万一の時はご連絡下さい。

痛くないですか?

もちろん、痛くありません。
管鍼法をはじめ、針先の形状、シリコンで被覆したり、痛くない技能や用具の工夫がなされています。
当施術所では0.18ミリの鍼を用いることが多いです。
また、慣れていない方には一本ずつ打って様子を見たり、痛くないことを確認しながら施術を進めていきます。
按摩も鍼灸も痛くないこと、施術効果に必要な強さとの両方を最大公約数で引き出せるよう心がけています。

powered by crayon(クレヨン)